現在の位置 : ホーム > 事業紹介 > 地域福祉事業

地域福祉事業

 1.生活支援体制整備事業

内容

市から委託を受けて、高齢者をはじめとするすべての人たちが、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、支え合いの地域づくりを推進します。人口減・少子高齢化に伴い複雑化・多様化した課題について、地域住民を中心に地域のことについて話し合う場(協議体)を設置し、生活支援コーディネーターを配置しています。

つながる通信

2. 高齢者ふれあい推進事業

内容

市からの委託を受けて推進している、太田市独自の事業です。高齢者の通いの場を作り、多様なプログラムを提供することで外出機会を増やし、高齢者の孤立予防並びに健康増進を図ること、また、多様なプログラム作りや通いの場の運営を高齢者が担うことで、働くことによる生きがいを創出することを目的としています。

お茶の間カフェ

3.地区社会福祉協議会の推進

内容

地域住民が、身近に解決を求めている地域の福祉問題に、自ら主体的に取り組んでいけるよう、小地域を基盤とする福祉ネットワークづくりを推進。

地区社協の主な事業

  1. 敬老会への協力
  2. ひとり暮らし高齢者・ねたきり高齢者に対する友愛訪問の実施
  3. ひとり暮らし高齢者の見守り活動の実施
  4. ふれあいの広場、福祉バザーの開催
  5. ボランティア育成事業の実施
  6. 市社協の行事への協力
  7. ふれあい・いきいきサロン活動

4.社会福祉大会事業

内容

市から委託を受け、社会福祉の功労者、善行者を顕彰するとともに、社会福祉活動の推進を図っています。

R2年度

日時:令和3年1月28日(木)10:30~

場所:太田市民会館

表彰・感謝状況

基準 区分 表彰・感謝数
表彰 区長功労者 6件
民生児童委員功労者 0件
保護司功労者 6件
社会福祉法人・社会福祉施設・社会福祉団体及び社協の役職員功労者 47件
感謝 社会福祉事業協力者  26件
社会福祉事業協力団体 9件
合計 94件

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小して表彰式を行いました。

 

5.住民支え合いネットワーク事業

内容

(1)要支援者等支え合いマップづくり

要支援者に対する日常の見守りや災害時の安否確認および避難支援など、公的対応が十分に行き届かない支援を地域住民が主体的に行えるよう、マップづくりを通じての見守り・支え合いのネットワーク構築を目的としております。

(2)安心カード設置  

かかりつけ医や今かかっている病気、常用している薬などの情報を専用の容器に入れ、自宅冷蔵庫に保管し万一の救急時の備えることを目的に実施します。

安心カード書式

安心カード記入例