現在の位置 : ホーム > 事業紹介 > ボランティアセンター事業

ボランティアセンター事業

1.ボランティアセンター事業

内容

  1. ボランティア情報等の発信
  2. ボランティア活動相談・紹介を行うコーディネート窓口
  3. ボランティア活動養成講座やスキルアップ研修の開催
  4. ボランティア団体への会議室・印刷機・福祉用具等の貸出
  5. ボランティア活動保険加入窓口など、ボランティア活動の為の様々な窓口として活動の手助けを行っています。

ボランティア養成講座事業

講座名 参加人数 開催日程 会場
手話奉仕員養成講座(入門編)  28 H26.5.13~10.28(全23回) 福祉会館
手話奉仕員養成講座(基礎編) 17 H26.5.13~12.16(全30回) 福祉会館
手話奉仕員養成(フォローアップ)講座 19 H27.2.17~3.17(全5回) 福祉会館
手話奉仕員養成(スキルアップ)講座 10 H27.2.17~3.17(全5回) 福祉会館
福祉体験サポーター養成講座 6 H27.3.4 福祉会館
精神保健福祉ボランティア養成講座 24 H26.11.12~12.3(全4回) 福祉会館他
点訳奉仕員養成講座(初級) 5 H26.5.10~6.28(全8回) 福祉会館
点訳奉仕員養成講座(中級) 6 H26.5.10~H27.3.14(全17回) 福祉会館
お裁縫ボランティア講習会 10 H26.12.3 福祉会館
ユースアクション・ボランティア 7 H26.8.4~8.6(3日間) 新田福祉総合センター及び
市内福祉施設1か所

福祉教育事業

名称 期日 会場 内容 参加数
福祉教育セミナー
(市内小中学校教諭)
8月8日(金) 福祉会館 ・講義「福祉教育の進め方」
・体験学習(疑似体験、車いす、
ブラインドウォーク)
29名
小中学生
ボランティアスクール
7月30日(水) 福祉会館 ・講座(点字・手話教室)
・体験学習(車いす、
ブラインドウォーク)
28名

福祉教育サポートシステム

市内の小中学校が手軽に体験学習等を実施できるようにサポートし、生徒がいかに生きるべきかを考えるきっかけを与え、本来の「ふくし」を実践できるような生徒の育成を目的として福祉教育推進事業(サポートシステム)を推進しています。
助成金対象25校で実施

事業名 事業件数
点字教室 15
手話教室 11
高齢者擬似体験教室 7
重複障害教室 3
車イスガイドヘルプ教室 4
視覚障害ガイドヘルプ教室 4
リサイクル教室 1
身体障害講演 5
視覚障害講演 2

ボランティア保険等受付実績

ボランティア活動保険加入者            5,890人

ボランティア行事用保険受付件数           24件

福祉サービス総合補償受付件数              11件

送迎サービス補償受付件数                5件 

ふれあいサロン・社協行事傷害補償受付件数        35件